オーシャン東九フェリーの大雑把な話
▼下へ | まず読む 乗るまえに 運賃割引 乗り場:東京徳島北九州 船の中 食べもの おまけ
◆運航について
★これは2011年9月以降のものです★ 2010年10月改正から微妙に変わりました。
とはいっても上り便(東京行き)の東京着が10分後ろにズレただけですが。
現在、曜日ごとに運航の発着時間が異なります。十分ご注意ください。
分かりにくいなら、公式サイトの運航スケジュールや予約センター・乗り場へ電話で確認することをおすすめします。
【下り】
東京を「月〜木曜、土曜」に出発、徳島を「火〜金曜、日曜」に出発
 東京19:30→徳島(翌)13:20/14:20→北九州(翌々)5:40
東京を「日曜」に出発、徳島を「月曜」に出発
 東京18:00→徳島(翌)13:20/14:20→北九州(翌々)5:40
東京を「金曜」と「祝祭日の2日前」に出発、徳島を「土曜」と「祝祭日の前日」に出発
 東京19:30→徳島(翌)14:20/15:20→北九州(翌々)6:20
【上り】
北九州を「月〜木曜、土曜」に出発、徳島を「火〜金曜、日曜」に出発
 北九州19:00→徳島(翌)09:30/11:30→東京(翌々)5:40
北九州を「日曜」に出発、徳島を「月曜」に出発
 北九州18:00→徳島(翌)09:10/11:10→東京(翌々)5:40
北九州を「金曜」と「祝祭日の2日前」に出発、徳島を「土曜」と「祝祭日の前日」に出発
 北九州19:00→徳島(翌)09:30/11:30→東京(翌々)6:20
▼基本的にほぼ毎日運航されていますが、日曜や祝祭日に(東京か北九州を)出る便はまれに休みます。
こちらも、公式サイトに運航スケジュールが掲載されているので絶対に見ておいた方がいいです。
(主力とするトラック・トレーラーの運送量が少なくなるので休まざるを得ない)
また、当然ながら船なので発着時間にはブレがあります。

◆船の種類が2つあります
パンフレットや公式サイトでも強調されている、STANDARD & CASUAL。
客室や設備がだいぶ違う2つのタイプがあって、それぞれ交互に運航されています。
パンフレットには「それぞれの旅のスタイルでお選びいただけます」と書いてありますが、
実際に乗る日を選ぶことは大抵難しく、結局は「その日に来るやつに乗るしかない」一面があります。
▼スタンダードフェリー
おーしゃん いーすと
△おーしゃん いーすと
おーしゃん うえすと
△おーしゃん うえすと
――ゆったり流れる時を満喫する旅行者のために。―――
「おーしゃん いーすと」「おーしゃん うえすと」の2隻があります。東西姉妹です。
世間的な「フェリー」のイメージ通り、立派な2人部屋があり、寝台があり、“ざこね”のじゅうたん部屋があり。
レストランはなくなってしまいましたが、各フロア十分にゆとりがあってゆったり時間を過ごせます。
もしお金に余裕があって、一行で1部屋借りれたなら、長い船旅が楽しくなるかもしれません。
▼カジュアルフェリー
おーしゃん さうす
△おーしゃん さうす
おーしゃん のーす
△おーしゃん のーす
――気軽さと合理性を追求する旅人たちのために。―――
「おーしゃん さうす」「おーしゃん のーす」の2隻があります。南北姉妹です。
長距離の路線事情から生まれた、いわゆる「合理化船」の先駆け。シンプルですがそれなりに利便性があります。
客室は2段ベッドのみ、食事は当初から自販機だけ、あとは殆どがフリースペース、とかなり割り切られています。
低コストな1人旅におすすめですが、くつろぎスペースがあちこちにあって、複数名でもそこまで窮屈しません。

◆船にあまり乗らないけど、これは揺れる?
少しは揺れます。太平洋を通るので、特に静岡〜徳島〜高知あたりは気になる方もおられるのでないでしょうか。
また、カジュアルフェリー(特に『さうす』)は、ガタガタガタ…というエンジンからの振動がやや室内にも響いてきます。
ただ、横揺れは「フィンスタビライザー」という船底から板を出して揺れを減らす仕組みで相当軽減されます。
気になるなら酔い止めをあらかじめ準備しておこう。酔う前に飲むのが正しい用法です。
(かつては船内でも販売していたのですが薬事法改正に前後してなくなってしまったようです)
▼「揺得」
正式名称、「揺れたけどちょっと得した気分になれるサービス・船揺れお見舞いカード」。
横揺れが10度を超える角度になると、クオカード1000円分を2枚もらえます。絵柄もオリジナル。
案内所に揺れた角度を測る計器を置いていて(一般客も見られます)、それで判断しています。

ちなみに10度といってもかなりのものなので、よほど運のある時でなければなかなか体験できません。
わざわざ揺られたい人もそうはいないでしょうが、船員の方いわくお勧め(?)は「春」と「夏」。
3〜4月ごろの低気圧による強風とか、7〜9月の台風前後では数回ほど配るケースがあるようです。
公式サイトの情報では、2007年の1年間で10回ほどあった模様。

◆問い合わせする
(以下FTはフェリーターミナルの略)
東京本社:TEL 03-5148-0109 (※日・祝祭日は休み)
東京FT:TEL 03-3528-1011
徳島FT:TEL 088-662-0489
北九州FT:TEL 093-481-7720

だいたい午前9時から午後5時ぐらいが受付時間です。
予約をしたい人は、基本的には東京本社へ電話することになっています。
ただ出港前日や当日はそれぞれの(乗る出発地点の)フェリーターミナルでのみ受け付けています。
▲上へ | まず読む 乗るまえに 運賃割引 乗り場:東京徳島北九州 船の中 食べもの おまけ