オーシャン東九フェリーの大雑把な話
▼下へ | まず読む 乗るまえに 運賃割引 乗り場:東京徳島北九州 船の中 食べもの おまけ
◆東京のりば・有明

△ほんと立派な建物。こんなに綺麗なのにオーシャン東九の朝到着・夜出発しか使ってません。そして何もありません。。。
目指すところは有明の「東京港フェリーターミナル」です。単純ですがちょっとだけややこしいのでご注意ください。
まず、「沖縄・奄美航路船客待合所(沖縄船客待合所)」。場所はここのすぐ近くですが関係ありません。
これはマルエーフェリー〔旧:大島運輸〕の奄美・沖縄ゆき航路、フェリー飛龍21の乗り場になります。
ただこちらは入るまでが分かりにくく、(本来目的地の)ターミナルの方が目立つのでさほど問題ありません。
また「有明客船ターミナル」なる施設がありますが、東京ビッグサイトそばの水上バス乗り場なので全く関係ありません。
そして同じく「晴海客船ターミナル」も無関係。定期便がないです。ごく稀にこっちに迷い込んじゃう人がいるようですが…

▼ターミナル耐震工事について

△ターミナルと船内を結ぶバス。乗車時間はごくわずかです。
送迎ワゴンそのまんまじゃねーかと言われそうですが車自体は別物です。
2011年9月頃より、ターミナルの長期的な耐震工事が始まりました。
これにより従来までとは(徒歩客の)乗下船の扱いが異なります。
まず、乗る際はターミナル2階で受付をし、3階で案内を待つというのは変わらないのですが、
乗船案内があると1階に降り、送迎用シャトルバスに乗り込み、バスがそのまま船内まで送ってくれます。
バスは車両甲板(車をとめる所)まで入るので、そこで乗客は降り、階段で客室まで上がります。
下船の際は逆です。階段で車両甲板に降り、バスに乗り込み、ターミナル前で下車。
(前あったシャトルハイウェイラインとかこんなんだった気がする)

ついでですが船の着岸位置が従来よりも東側(ターミナルから見て左側)になりました。(第3バース→第2バース)
ランプウェイ(車用の橋)を入れ替えるかなんかして対応しています。

▼送迎ワゴンを利用する

△国際展示場駅の送迎ワゴン乗り場。
かなりわかりやすい所にあります。駅を出て右手すぐ。

△こいつが送迎してくれます。定員いっぱい乗ることはまあないかな。
りんかい線・国際展示場駅で下車。ロータリーに「東京港フェリーターミナル行き・送迎ワゴンのりば」の看板があります。
フェリーターミナル側には、あの自動ドアが開きにくい1階出入口を出てすぐのロータリーに同様の看板があります。
ここに黒いワゴン車がやって来るので、それに乗車して10分で到着です。1人200円(車内運賃箱に硬貨を入れ精算)。
ただし定員が9名なので、乗客が多い場合(特にフェリー到着直後の乗り場→駅の第1便)は先着順です。
★これは2010年10月以降のものです★ 若干変更がありますのでご注意ください。
【国際展示場駅発】 ☆は月〜土のみ●は日・祝祭日のみ、無印は全曜日運行
 <<6:25☆ 6:55>> ←この2便は予約車…だそうですがどこにどう予約するのかは書いてないし忘れました
 7:20 7:50 8:10 8:30☆ 8:40● 8:50☆ 9:10☆ 9:40☆ 10:10☆ 10:40☆
 16:30● 16:50● 17:10 17:30 17:50☆ 18:10☆ 18:30☆ 19:00☆ 
 月〜土19:00/日祝17:30の最終便でも乗船に間に合うとは思いますが手続きや移動が慌しくなる(と思われる)のでお勧めはしません。
【東京港フェリーターミナル発】 ☆は月〜土のみ●は日・祝祭日のみ、無印は全曜日運行
 <<6:05☆>> ←予約車 6:40 7:05 7:30 8:00 8:20☆ 8:30● 8:40☆ 9:00☆ 9:30☆ 10:00☆ 10:30☆
 16:20● 16:40● 17:00 17:20 17:40☆ 17:50● 18:00☆ 18:05● 18:20☆ 18:40● 18:50☆
 19:15☆ 19:45☆ 20:05☆ 20:25☆

 まず、全曜日6:05に第1便がありますが、これは事前の予約制になってます。
 フェリー到着前に船内放送があるので、案内所で乗車の予約をします。満員の場合その後の第2便(6:40)乗車。
 第1便に乗れない場合も多いので東京到着後はゆとりを持った計画を持った方がいいかもしれない。

▼徒歩で行く
りんかい線・国際展示場駅から25〜30分、ゆりかもめ・国際展示場入口駅から20〜25分。
ちょっと時間がかかりますが行けない距離ではないです。ターミナル手前に広がる「有明10号地埠頭」を縦断するルート。
ちなみにここは紙や製材が中心の倉庫街で、全国各所ナンバーのトレーラーも揃う。グッときた方、気分転換にぜひ。
http://www.blue12.net/ariake-futoh.jpg
↑参考程度にどうぞ(近々、すごい量の情報で補完したいと思います)

▼都バスで行く(一応)
浜松町、東京駅八重洲、門前仲町の各方面から有明に向かって都バスがあります。
わずか200円とお得で(PASMO/Suica可)、浜松町からならレインボーブリッジ→お台場横断という流れがいい。
ただ路線バスで結構混む上、少し遠いので乗り場まで結局20分ほど歩くことになる。大きい荷物を持ってると不利。
それに行きはいいけど帰りは始発が遅いし、最寄りに停る路線が少ないから使いにくい。のでここでは省略します。
・所要分数の目安 (これに10分前後のゆとりは持っておくべきです)
 浜松町:30分、豊洲:20分、門前仲町:30分、東京駅:35分
・路線表および時刻表 (ビッグサイト行・展示場駅前行のみ利用可)
 虹01・浜松町 http://tobus.jp/cgi-bin/pcsection.cgi?act=sectl&kcd=TE05011201&scd=139921710000
 海01・門前仲町 http://tobus.jp/cgi-bin/pcsection.cgi?act=sectl&kcd=TE81012101&scd=139921710000
 東16・東京駅 http://tobus.jp/cgi-bin/pcsection.cgi?act=sectl&kcd=TE81011901&scd=139921710000
★2012年春より、浜松町の路線は大幅に減便となりました。
1時間2本あればいいほうという感じなので(以前は毎時6本が普通)、正直つかいものになりません。
なお、門前仲町・豊洲、東京駅八重洲はそう変化もなく、割と使い勝手が高いと思います。

▼門限について
Web上めったに書いてませんが自動車・バイクで(送迎含め)乗り場に来る場合、“一応”夜間規制にご注意ください。
20:00〜4:00〔午後8時〜翌午前4時〕のあいだ「フェリーふ頭入口」が通行止めになり埠頭そのものに入れません。
ま、普通に乗り降りする分には差し支えないですが。
▲上へ | まず読む 乗るまえに 運賃割引 乗り場:東京徳島北九州 船の中 食べもの おまけ